知らなきゃ損する!ポイント付与率の落とし穴

ポイント付与率のカラクリを知ろう

まずポイント付与率について簡単に説明しておきたい。

ポイント付与率とは、いくら使っていくらのポイントがカード会社からもらえるか(付与されるか)だ。

例えば、1000円使うと1ポイント付与されるなら、ポイント付与率は、

1ポイント ÷ 1000円 = 0.001 → 0.1% となる。

他の例で付与率を計算すると、

● A社は1000円 で 2ポイントもらえる   → 付与率0.2%
● B社は1000円 で 5ポイントもらえる   → 付与率0.5%
● C社は1000円 で 10ポイントもらえる  → 付与率1.0% となる。

ここで質問をしたい。

どの会社が一番ポイントがお得ですか?

クレジットカードにあまり詳しくない方なら付与率を一見して、「C社」でしょ!

と即答されるかもしれない。

しかし答えは、「まだこの時点ではわからない」 が正しい。

1ポイントがいくらで交換できるのかがわかれば、どの会社が一番お得かが判断できる。

言い換えれば、いくら使っていくらカード会社が還元してくれるのか、すなわち「ポイント還元率」さえ
わかれば瞬時にお得度が比較できる。

ポイント還元率はいつもウソをつかないのだ。

ちなみにポイント還元率はポイント付与率と1ポイント何円かをかければ簡単に算出できる。

● A社は1000円 で 2ポイント  → 1ポイント5円で交換(1000円で10円の還元)
● B社は1000円 で 5ポイント  → 1ポイント2円で交換(1000円で10円の還元)
● C社は1000円 で 10ポイント → 1ポイント0.5円で交換(1000円で5円の還元)

● A社 付与率0.2% x 1ポイント5円 = 還元率1.0%
● B社 付与率0.5% x 1ポイント2円 = 還元率1.0%
● C社 付与率1.0% x 1ポイント0.5円 = 還元率0.5%

さきほどと同じ質問だが、どの会社が一番お得ですか?
(どの会社が一番還元率が高いですか?)

答えは、A、B社共に同率の1.0%でお得度に差はなく、先程付与率だけ見て
一番お得と思われたC社が0.5%で一番損という最終結果だ。

よく「ポイント2倍!」という大見出しがあるが、2倍であろうが10倍であろうが
付与率だけではお得度は判断できないということだ。

最終的には還元率を見ないとクレジットカードの実力は比較はできない。

高い還元率が売りのカード会社では、1.5%!などと堂々と表記しているが、
標準的な0.5%の会社では表記がない場合が多い。

これは自分で付与率、還元率を計算して判断するしか方法はない。

また、多くのカード会社で交換する対象によって還元率が異なるのがユーザーにとって悩ましいところだ。

最強クレジットカード選びを失敗しないためには、キャッシュバックなのか、商品券なのか、
ギフト商品なのか、将来的に自分が何にポイントを交換したいのかをよく見据えて還元率を算出し、
比較検討するべきだ。

 「ポイント付与率の落とし穴」まとめ

クレジットカード選びはポイント付与率ではなく、還元率でお得度を判断すること。